月別アーカイブ: 2018年12月

商標登録の手続きを自分で行うのって果たして可能?

商標登録の手続きは自分で行うことも可能です。しかし自分が申請しようと思っている商標を過去に登録している人はいないか、申請書類を準備するなどいろいろな準備をしなければならず独力ではなかなか難しいでしょう。

■自分で手続きをすることは可能だけれども…

商標登録の出願をしようと思ってネットでいろいろと調べてみたのですが、自分で行うことも可能なようです。でも詳しくその手続きを見てみると、いろいろとやらないといけないものがあって大変そうでした。まずは自分が登録しようと思っている商標が既に登録・出願されていないかどうか調べないといけません。これは全く一緒だけでなく、非常に似ているものもNGです。

もし問題なければ、商標登録出願書類を準備します。必要事項を記入し、特許印紙代を貼り付けないといけません。特許印紙は特許庁や全国の主要な郵便局で取り扱っているようです。ここまでの作業を仕事をしながら自分で行うのはなかなか大変です。

■商標権は早い者勝ちである

商標権は非常にルールがシンプルです。もし商標権利をいち早くほかの誰かが申請していれば、こちら側の権利は認められません。もし商標権をほかの誰かに取られてしまったばあ、商品名や店名、施術名、サービス名などが使用できなくなります。名称の変更を検討しなければならないわけです。もしお客さんの間で慣れ親しんだ名称であれば、新しい名称を覚えてもらうまでにそれなりの時間がかかってしまうでしょう。

また知らず知らずのうちに商標権を侵害していた場合、損害賠償請求を起こされる可能性があります。過去には数千万円単位の損害賠償請求をされたという事例もあるほどです。このように商標権というのは非常にシビアで、早い者勝ちという側面があります。ですから不慣れな素人の私たちが行うよりも、専門家にお願いしたほうがいいでしょう。

■®ゼロ円商標登録申請の利用を決意

商標登録手続きを自分だけで行うのは難しいと思って、サポートしてくれるところをいろいろと探していました。そんな時興味をそそられたのが、®ゼロ円商標登録申請です。なぜなら実績があるからです。店舗系の商標のプロで、直近1年間で300件以上の商標登録実績があるということです。これだけ豊富な実績があれば、安心して任せられるような気がしました。商標登録査定率も95.3%と高いですし、仕事もスピーディなみたいです。最短で依頼した即日申請もしてくれるということです。これならほかの誰かに自分の商標を申請される恐れもありません。成功報酬がなくて、あらかじめいくら費用が掛かるのか分かっているのは、コストに敏感な店のオーナーにとっても安心でしょう。皆さんもこちらへの依頼を検討してみませんか?